防火対象物点検

業務内容

HOME > 業務内容:防火対象物点検

業務内容のカテゴリーを選んでください。

防火対象物点検

防火対象物点検について

防火対象物点検とは、消防法の基準に従って、火災や防災に対する備えや対策が行われているかを点検します。
防火対象物点検は、H15年に消防法で新しく義務付けられた制度で、1年に1回防火対象物点検資格者により、 実施することが義務づけられています。

防火対象物点検が必要となる防火対象物
@収容人員が30人以上 300人未満
A特定用途部分が地階又は3階以上に存するもの。
B階段が1つのもの(屋外に設けられた階段であれば免除)

上記の@〜B全てに該当する建物
特定防火対象物である建物で、収容人員が300人以上のものについては全て


防火対象物点検の点検内容

●日常の防火管理体制の確認。
●建物の防火対策。消防設備等の維持管理。
●火を使用する器具の適正な使用。
●避難経路の確保。

上記の項目は点検項目の一部。


前のページに戻る